お散歩・お出かけ

横浜 三渓園の梅の見頃!アクセスと混雑状況!

三渓園 梅と三重塔

三渓園の梅は、横浜の梅の名所として知られています。

園内には約500本の梅が植えられ、2月初旬から3月上旬が見頃となり、2月上旬から2月一杯「観梅会」の名称でイベントも行われ多くの人が訪れます。

ここでは、梅の見頃、「観梅会」イベント時の混雑状況、三渓園のアクセスについてまとめています。

三渓園の梅の見頃

三渓園の梅は、ざっくりと分類すると3種類。

 

一般的によく見かける「白梅」「紅梅」は、2月上旬から3月上旬がもっとも花が多く付く時期になります。

 

この梅は、早いものでは1月から咲き始め、梅の開花時期と合わせるように「メジロ」も、見かけるようになります。

 

白梅・紅梅の特徴

白梅は花の後に実が出来、三渓園でもその時期になるとたわわに実をつけています。

 

白梅、紅梅は、一重咲と八重咲が、あるようですが、三渓園はおもに一重咲の個体のようです。

 

白梅の花言葉は、『気品』。

紅梅の花言葉は、『優美』。

 

 

緑萼梅(りょくがくばい)の特徴

「緑萼梅(りょくがくばい)」に見頃は、2月初旬から2月中旬

一般的な梅はがくが赤ですが、緑萼梅はその名の通り緑色をしています。

 

緑萼梅の花言葉は、『気品』。

 

臥龍梅(がりょうばい)の特徴

 

「臥龍梅(がりょうばい)」の見頃は、2月下旬~3月上旬

 

幹や枝が地をはい、そこから根を張るようです。

そしてその姿が、伏せた竜のように見えることから臥龍梅と名付けられたそうです。

 

臥龍梅(がりょうばい)の花言葉は、みつかりませんでした。

見つけたら更新します。

 

三渓園の「観梅会」について

灯篭と梅・三重の塔

2月初旬から3月初旬に行われるイベントで、期間には、次のような催しがあります。

 

初音茶屋での麦湯無料接待 

イベント期間中毎日いろりで沸かされた熱々の麦茶は、大変美味しく、身体が温まります。
これは、毎年楽しみしています。

 

「梅の盆栽展」

一週間ほど行われます。

 

俳句大会

(参加費1,000円)期間内の日曜日1日だけ行われます

 

猿回し

観梅会イベント期間中の土日祭日に行われます。

人気のイベントで、直ぐに人だかりになってしまうので、ちゃんと見れたことがないです。

 

お囃子(おはやし)

横濱本牧囃子連により最終日に行われます。

 

個人的には梅の花が好きなので、桜の時期より楽しみにしています。

ただ、この時期は温暖な横浜と言えども、かなり寒いので…。

完全防寒で、お出かけください。

観梅会時期の混雑状況

紅葉や桜の時期と比較すると、人出は多くありませんが、三渓園の駐車場はあまり広くないので、確認されてからお出かけされることをお勧めします。

三渓園へのアクセス

石灯篭と梅

三渓園の最寄り駅は、JR根岸線「根岸駅」になりますが、駅からは大分離れているので、徒歩での移動は相当な時間がかかります。

 

根岸駅からはバス移動がおすすめです。

 

根岸駅からのバス移動

1番乗り場

58系統(横浜駅行き)

101系統(保土ヶ谷車庫前行き)

「本牧」で、下車・徒歩7分

 

7番乗り場

54検討(本牧車庫行き)

97系統(中小企業団地循環 根岸駅前行き)

「三渓園南門入口」下車・徒歩3分。

 

JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から

2番乗り場

8系統(本牧車庫前行き)

148系統(急行本牧車庫前行き)

「三渓園入口」下車・徒歩3分。

 

58系統(磯子車庫前行き)

「本牧」下車・徒歩7分

ぶらり三渓園BUS(三渓園行き)

三渓園下車

 

みなとみらい線元町・中華街駅4番出口 山下町バス停から

2番乗り場

8系統(本牧車庫前行き)

148系統(急行本牧車庫前行き)

「三渓園入口下車」・徒歩3分

《車で出かけられる場合》

■首都高速・湾岸線(ベイブリッジ経由)本牧ふ頭出口から約5分

■首都高速・狩場線(石川町JCT経由)、新山下出口から約10分

■首都高速・湾岸線三溪園出口(横須賀方面からのみ利用可)から約5分

 

花の見頃や催し物開催時の土・日曜日や祝日は、駐車場が大変込み合っています。

三渓園の利用案内

梅と三重塔

三渓園の所在地

〒231-0824 横浜市中区本牧三之谷58-1

☏ 045-621-0634・0635

WEBサイト https://www.sankeien.or.jp/

 

開園時間

9時から17時(16:30まで入園することができます)

 

季節のイベントにより、開園時間、閉園時間が変わることがあります。

 

入園料

大人(高校生)    700円(600円)

子供(小・中学生)           200円(100円)

横浜在住の65歳以上の人  200円

 

年間パスポート

大人(高校生)    1枚 2,500円

子供(小・中学生)           1枚 700円

横浜在住の65歳以上の人  1枚 700円

 

駐車場

乗用車 最初の2時間500円、以降30分毎に100円

当日最大料金 : 1,000円

三渓園駐車場は 正門わきにあります。

 

三渓園南門近くの「本牧市民公園駐車場」

料金 1時間200円 以降30分100円

※バイクは利用できません。

 

営業時間:24時間

住所:横浜市中区本牧三之谷59-2

収容台数:普通車316台

注意)三渓園の駐車場とは料金が違うのでご注意ください。

PHOTO GALLY

梅と煌めき

梅とメジロ

紅梅と煌めき

モノクロの梅

 

タクシー料金

■JR根岸駅から三渓園南門入り口までタクシー料金:900円

■JR桜木町のタクシー料金:2,200円

■JR横浜東口からのタクシー料金:3,200円

■みなとみらい線元町・中華街からタクシー料金:1,600円

 

三渓園の食事処

三渓園には、いくつかの食事処がありますが、各所とも営業時間休暇日が違うのご注意ください。

抹茶処 望塔亭 三溪記念館内

営業時間

10:00~16:00

 

メニュー

抹茶 1服 500円

 

三溪園茶寮

営業時間

11:00~15:30

 

メニュー

手焼きだんご・・・1本150円・200円

美味しいよ~

おままごと・・・700円

一口サイズのデザート

ちょっといっぷく・・・600円

三色団子とミニ抹茶セット

三景わん・・・1,200円

エビ天、なめこおろし、ワカメがトッピングされた蕎麦 冷・温有

手桶うどん・・・850円

鳴門、ワカメ、大葉、梅干しがトッピングされたかまあげうどん冷・温有

 

 

雁ヶ音茶屋

営業時間

平日 11:00~16:00

土日祝 10:00~16:00

 

メニュー

三溪園ラーメン・・・750円

さっぱり正油ラーメン

 

天ぷらそば・・・1,100円

えび天と野菜かき揚の天そば

 

みそおでん・・・350円

合わせみそおでん、美味しかった!!

 

おにぎり・・・400円

さけと、うめぼしのおにぎり

 

田舎しるこ・・・600円

めっちゃおいしい!おすすめ品

待春軒


営業時間

10:30~16:30

 

メニュー

三溪そば・・・850円

三溪園の創設者、原三溪が考案した伝統の味で汁のない麺

桃山御膳・・・1,300円

季節のご飯、おでん、しゅうまい、玉子焼きをお弁当箱に

 

おしるこ・・・700円

じっくり煮上げた自家製おしるこ 小梅と昆布茶を添え

 

抹茶・・・650円

和菓子付き

 

ここだけ使ったことがないので、今度レビューして見ます。

 

まとめ

三渓園の「観梅会」は、おすすめのイベントですが…。
まだ、寒いんですよね。

そのせいで、空いてはいるので、嬉しくもあるのですが…。

ただ、一つ言えるのは、単なる梅林ではなく、三渓園の各所にある木造建築物とのコラボで参照できるのです。
これって、物凄く絵になるなって思っています。

是非、機会があったらご覧になってください。

 

関連記事

横浜 公園の紅葉の見ごろ!アクセスと混雑状況を調査!

横浜公園のチューリップの見頃!アクセスと混雑状況!

山下公園の銀杏並木の見頃とアクセス・混雑状況!

横浜三渓園 桜の見頃!アクセスと混雑状況!

横浜 三渓園で過ごす正月三が日!アクセスと混雑状況!

横浜 三渓園の梅の見頃!アクセスと混雑状況!

横浜 三渓園の四季の見どころ|アクセス・所要時間!

三渓園の紅葉の見ごろと12年ぶりのライトアップ!アクセスと混雑状況!

三渓園の冬の花・水仙と山茶花見頃とアクセス・所要時間!

スポンサーリンク

-お散歩・お出かけ
-, , ,

© 2022 Atelier302_お散歩フォト! Powered by AFFINGER5