お散歩・お出かけ

横浜 三渓園で過ごす正月三が日!アクセスと混雑状況!

三渓園正面玄関 門松・しめ縄

2022年は三渓園が完成後100周年を迎えるそうです。
元旦の1月1日から1月3日の三が日に、次のような催しが行われます。

《新春企画》「三渓園で過ごすお正月」

三渓園 看板と門松

 

横浜市指定有形文化財『鶴翔閣(かくしょうかく)』で行われる催し

三渓園の正月三が日は、横浜市指定有形文化財『鶴翔閣(かくしょうかく)』内部が特別公開され、次の催しが行われます。

■1月1日(土・祝)和妻
■1月2日(日)庖丁式
■1月3日(日)筝曲演奏

※これらの催しは、有料イベントになります。

■和妻 1月1日(土・祝)

「和妻」は和風の奇術・手品の類です。

日 時
2022年1月1日(土) 3回公演 各回定員56名

第1回 11:00〜11:30(受付10:45 鶴翔閣)
第2回 13:00〜13:30(受付12:45 鶴翔閣)
第3回 15:00〜15:30(受付14:45 鶴翔閣)

参加費用は、入園料の他に、B席1,500円・A席2,000円・S席2,500円が必要です。

 

■庖丁式 1月2日(日)

庖丁式は、食材にはいっさい手を触れずに箸と庖丁のみで魚や鳥をさばく伝統的な儀式。

日 時
2022年1月2日(日) 2回実演 各回定員17名

第1回 11:00〜12:00(受付10:45 鶴翔閣)
第2回 14:00〜15:00(受付13:45 鶴翔閣)

参加費用は、入園料の他に、B席2,800円・A席3,000円・S席3,000円が必要です。

■筝曲演奏 1月3日(月)

お琴の演奏会です。

日 時
2022年1月2日(日) 4回公演 各回定員41名

第1回 10:00~10:30(受付9:45 鶴翔閣)
第2回 11:15〜11:45(受付11:00 鶴翔閣)
第3回 13:00~13:30(受付12:45 鶴翔閣)
第4回 14:15〜15:45(受付14:00 鶴翔閣)

参加費用は、入園料の他に、B席500円・A席700円・S席800円が必要です。

チケットは『Peatix』にて購入できます。

残念ながらこれらの催しを鑑賞したことがないので、内容はよくわかりません。

 

■横浜市指定有形文化財『鶴翔閣(かくしょうかく)』特別公開

横浜市指定有形文化財『鶴翔閣(かくしょうかく)』は、原三渓の旧宅で、今では結婚式などもここで行われます。

内部は、正月の飾り付けや生け花、正月の遊び「かるた」や「福笑い」なども、展示されていました。

『鶴翔閣(かくしょうかく)』内部

鶴翔閣内部に飾られた生け花

鶴翔閣内部のガラス戸

原三渓の書斎

 

三渓園記念館で正月から行われる催し

大池に浮かぶ小舟に松飾 背景に三重塔

 

■フォトコンテスト入賞作品展

・期間:1月1日(金・祝)~3月8日(月)

 

■所蔵品展

・期間::1月1日(金・祝)~2月2日(火)

 

三渓園で過ごす正月」その他の見どころとおすすめ

旧矢箆原家住宅 入口

■旧矢箆原家住宅(きゅう やのはらけ じゅうたく)内部公開
■三渓園天満宮での初詣

 

旧矢箆原家住宅(きゅう やのはらけ じゅうたく)内部公開

旧矢箆原家住宅は、白川郷から移設された、現存する合掌造りでは最大級の建物です。
飛騨の冬を彩る「花餅」を展示中。松の内は正月飾りもご覧いただけます。

 

正月以外でも内部公開されていますが、正月は特別な飾り付けがされていたような気がします。

旧矢箆原家住宅 木製窓枠

旧矢箆原家住宅 入口

旧矢箆原家住宅内部のいろり

 

■三渓園天満宮での初詣

本牧の間門天神を前身とする天満宮。
学問の神様が祀られている天満宮、2022年お受験を控えている方に最適です。
(初天神は1月25日開催予定)

本当に小さなお宮様ですが、とてお落ち着いた雰囲気となにかパワーを感じるそんなお宮様です。

 

三渓園天満宮 全景

 

三渓園天満宮 祠

 

正月の三渓園の見どころマップ

①から④、もしくは④から①の順番で回ると歩きやすいですよ。

三渓園園内マップ

出典:三渓園

三渓園で過ごす正月の混雑状況

 

三渓園の正月は、さすがに空いているので、この時期だけは、人が写らない状態で建物写真が撮り放題です。

ほとんど人が居ない三渓園は、正月と大雪の時だけでした。

でも、あの空間を独り占め出来るのは、正月三が日だけかもしれませんよ。

 

三渓園へのアクセス

三渓園の最寄り駅は、JR根岸線「根岸駅」になりますが、駅からは大分離れているので、徒歩での移動は相当な時間がかかります。

根岸駅からはバス移動がおすすめです。

 

根岸駅からのバス移動

1番乗り場

58系統(横浜駅行き)

101系統(保土ヶ谷車庫前行き)

「本牧」で、下車・徒歩7分

 

7番乗り場

54検討(本牧車庫行き)

97系統(中小企業団地循環 根岸駅前行き)

「三渓園南門入口」下車・徒歩3分。

 

JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン桜木町駅から

2番乗り場

8系統(本牧車庫前行き)

148系統(急行本牧車庫前行き)

「三渓園入口」下車・徒歩3分。

 

58系統(磯子車庫前行き)

「本牧」下車・徒歩7分

ぶらり三渓園BUS(三渓園行き)

三渓園下車

 

みなとみらい線元町・中華街駅4番出口 山下町バス停から

2番乗り場

8系統(本牧車庫前行き)

148系統(急行本牧車庫前行き)

「三渓園入口下車」・徒歩3分

《車で出かけられる場合》

■首都高速・湾岸線(ベイブリッジ経由)本牧ふ頭出口から約5分

■首都高速・狩場線(石川町JCT経由)、新山下出口から約10分

■首都高速・湾岸線三溪園出口(横須賀方面からのみ利用可)から約5分

 

花の見頃や催し物開催時の土・日曜日や祝日は、駐車場が大変込み合っています。

 

三渓園の利用案内

三渓園の所在地
〒231-0824 横浜市中区本牧三之谷58-1

☏ 045-621-0634・0635

WEBサイト : https://www.sankeien.or.jp/

 

三渓園の休園日

12月29・30・31日

 

開園時間

9時から17時(16:30まで入園することができます)

 

季節のイベントにより、開園時間、閉園時間が変わることがあります。

 

入園料

大人(高校生) 700円(600円)
子供(小・中学生) 200円(100円)
横浜在住の65歳以上の人 200円

 

年間パスポート

大人(高校生) 1枚 2,500円
子供(小・中学生) 1枚 700円
横浜在住の65歳以上の人 1枚 700円

 

駐車場

乗用車 最初の2時間500円、以降30分毎に100円

当日最大料金 : 1,000

三渓園駐車場は 正門わきにあります。

 

三渓園南門近くの「本牧市民公園駐車場」

料金 1時間200円 以降30分100円

※バイクは利用できません。

 

営業時間:24時間

住所:横浜市中区本牧三之谷59-2

収容台数:普通車316台

注意)三渓園の駐車場とは料金が違うのでご注意ください。

 

 

 

タクシー料金

■JR根岸駅から三渓園南門入り口までタクシー料金:900円

■JR桜木町のタクシー料金:2,200円

■JR横浜東口からのタクシー料金:3,200円

■みなとみらい線元町・中華街からタクシー料金:1,600円

三渓園の食事処


三渓園には、いくつかの食事処がありますが、各所とも営業時間休暇日が違うのご注意ください。

 

 抹茶処 望塔亭 三溪記念館内

営業時間

10:00~16:00

 

メニュー

抹茶 1服 500円

 

三溪園茶寮

営業時間

11:00~15:30

 

メニュー

手焼きだんご・・・1本150円・200円
美味しいよ~

おままごと・・・700円
一口サイズのデザート

 

ちょっといっぷく・・・600円

三色団子とミニ抹茶セット

三景わん・・・1,200円

エビ天、なめこおろし、ワカメがトッピングされた蕎麦 冷・温有

手桶うどん・・・850円
鳴門、ワカメ、大葉、梅干しがトッピングされたかまあげうどん冷・温有

 

雁ヶ音茶屋

営業時間

平日 11:00~16:00

土日祝 10:00~16:00

 

メニュー

三溪園ラーメン・・・750円

さっぱり正油ラーメン

 

天ぷらそば・・・1,100円

えび天と野菜かき揚の天そば

 

みそおでん・・・350円

合わせみそおでん、美味しかった!!

 

おにぎり・・・400円

さけと、うめぼしのおにぎり

 

田舎しるこ・・・600円

めっちゃおいしい!おすすめ品

 

待春軒

営業時間

10:30~16:30

 

 

三溪そば・・・850円

三溪園の創設者、原三溪が考案した伝統の味で汁のない麺

桃山御膳・・・1,300円

季節のご飯、おでん、しゅうまい、玉子焼きをお弁当箱に

 

おしるこ・・・700円

じっくり煮上げた自家製おしるこ 小梅と昆布茶を添え

 

抹茶・・・650円

和菓子付き

 

ここだけ使ったことがないので、今度レビューして見ます

まとめ

横浜三渓園は、正月の超穴場散歩スポットです。

本当は、あまり教えたくなかった穴場スポットなんですが、お近くにお越しの際に是非お試しください。

きっと満足していただけるんじゃないかな?

 

正月中の三渓園は、三軒あるお茶屋さんの内、一軒だけ営業していますが、時間帯によると少し混むかもしれないですね。

 

関連記事

横浜 三渓園の四季の花と見どころ|アクセス・所要時間!

横浜 三渓園で過ごす正月三が日!アクセスと混雑状況!

横浜 三渓園の梅 2022年の開花状況と見頃!アクセスと混雑!

三渓園の梅の開花状況2022(3/6)・駐車場の混雑状況と梅の撮影ポイント

横浜三渓園 桜の見頃・開花と満開予想!アクセスと混雑状況!

三渓園「桜めぐり」に新サービスが登場・『お花見ひろば』の予約!

三渓園で新緑に染まる日本庭園を楽しむ!「新緑の遊歩道」が解放!

三渓園の冬の花・水仙と山茶花見頃とアクセス・所要時間!

三渓園の紅葉の見ごろと12年ぶりのライトアップ!アクセスと混雑状況!

スポンサーリンク

-お散歩・お出かけ
-, , , , , , ,

© 2022 Atelier302_お散歩フォト! Powered by AFFINGER5